読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発者のブログ『そまりぐ!Second』

開発者の趣味のブログです。役に立つかもしれない記事を書いていきます。間違いなど見つけましたら、コメント等でご指摘頂けると嬉しいです。

新しいWebサービスを開発する前に、アイディアをまとめよう

Webアプリケーション開発者として、Webサービスを新規に立ち上げる前に注意したいことをまとめてみる。 あまりきちんとまとまっていないが、ご容赦を…

アイディアが浮かんでも、すぐにコーディングしない

その日のうちにアイディアのすべてを実装できてしまえるなら、おそらくその方がいい。

しかし、1日でソースコードに書き出せないようなアイディアを頭の中に抱えたままコーディングしてしまうと、意識はコードを書くことに集中してしまい、肝心なアイディアの方があやふやになってしまう場合がある。

アイディアを視点別に書き出しておく

アイディアを利用者視点、開発/運営者視点といった視点別に分けて、あとで見たときにわかりやすい。

最初は、アイディアを書き出すことに集中する

書き出すといっても、ノートに書き出すのか、テキストデータとして残すのか、プレゼンテーションにしてまとめるのか… 様々な方法があるが、一番大切なのは「内容に集中する」こと。そのドキュメントの書式やレイアウトに注ぐ意識、リソースは最低限にできる方法を選択する。

実際に情報をまとめるためにWikiが広く使われているのは「内容に集中できるもの」としてHTMLの代わりにWikiフォーマットが提供されている点が大きいと思われる。

コーディングの時は、コーディングに集中する

コーディングの時は、コーディングに集中する。コーディングをしながらアイディアを考えてしまうと、どちらも上手くいかないということが起こりえる。本当に頭がいいならよいが、どちらかに集中すればより確実に期待したものができあがる。だから、アイディアは先にまとめておくべきである。

実際に作っているうちに、いろいろと問題点や改善案が出てくるかと思うが、さほど重要でなければさっとメモを残して、作業を進めていく。

まとめ

一度に考える事を減らそう。 仕事が出来る人ほど仕事(考える事)を減らすテクニックを身につけている。

実際に、集中力はそう何時間も持ちません。 本当に重要なとき、一番大切なことに頭を使えるようにしておこう。