読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発者のブログ『そまりぐ!Second』

開発者の趣味のブログです。役に立つかもしれない記事を書いていきます。間違いなど見つけましたら、コメント等でご指摘頂けると嬉しいです。

違いから英語を学ぼう! ニュアンスを理解して本物の英語を身につける!

Word origin(語源)の違いを知る

英語で最初に戸惑うのは、「綴り≠読み方」であること。これは外来語が混じっているから。

分かりやすい例だと、「Kimono」「ninja」「sushi」「karaoke」はどれも日本語から入った言葉で、日本語のローマ字綴りであるため、英語読みができません。

アメリカ人にkaraokeの英語発音を聞くと「読み方がわからないけど、キャリオキーとかキャラオケーとかそんな感じかな??」と返されます。

同様にスペイン語由来、フランス語由来の言葉などがあり、綴りとは別に発音を学ぶ必要があります。

似たような言葉の違いを知る

覚えるべきフレーズ「What is the difference between ‘単語A’ and ‘単語B’?」

2つの単語の2違いを訪ねる時に使う決まり文句です。

ある程度の英語力のある方なら、英語で検索すると次のようなページが引っかかります。

Synonym(シノニム)・・・違いがないことを知る

シノニム=同意語、別名。(実際は類義語についても言う)

Synonym

例えば、startとbegin は、シノニム。ほぼ同じような意味。

英英辞典でSynonymを見る

ロングマン英英辞典では、[SYN]という記号でシノニムが記載されています。 これをみたら、「ああ、この単語と同じような意味なんだね」と理解が早まります。

ちなみに[OPP]はopposite(オポジット、反意語)です。

後書き

役に立たない英語教材が大量に販売されているこのご時世・・・

本当に身につく英語の学習方法について、どうやったら教えたらいいだろうか?

例え自分に知識があっても、教え方が下手では正しく伝わらない。 まずはこのような記事を書いて、まとめて、伝える事を始めよう、そう考えてこの記事を書いてみました。