読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発者のブログ『そまりぐ!Second』

開発者の趣味のブログです。役に立つかもしれない記事を書いていきます。間違いなど見つけましたら、コメント等でご指摘頂けると嬉しいです。

自営業をやめて海外留学するための手続き

Travel(旅行)

タイトル通り。1年を越える長期の留学を予定しており、そのために結構やらなきゃいけないことが多いです。

この記事は、過去に書いた記事「海外転出届と個人事業についてのメモ - 開発者のブログ『そまりぐ!Second』」が元になっているのですが、今回は以下のような手続きを踏むことになりました。

  • 海外送金 …私の場合はカナダに銀行口座があるので、そこへ送金。手数料、レートが良く、信頼もあるのは、ゆうちょの国際送金だと思います。口座がない場合は、カナダで口座を作ってから家族か信用できる人に送金してもらうという方法もあるようです。
  • 航空券の購入 …さっきの記事→ 再びバンクーバーへ!格安航空券を購入 - 開発者のブログ『そまりぐ!Second』
  • 海外保険の購入 …最初3ヶ月は(あれば)クレジットカード付属のものを利用。その後は現地で購入する方が安い場合がほとんどだと思います。
  • (税務署)(準)確定申告の提出 …出国後の訂正が難しいので、印鑑を持参し訪問して提出。
  • (税務署)廃業の届出 …海外転出届けにより住所を海外へ移すので、日本では廃業とし、事業を続ける場合は海外で開業するという扱いにする。(廃業しなくてもいいのでは、と言う担当者も居ました)
  • (市税事務所)市民税の前納 …日本にいる間に払っておく。このとき、先ほどの準確定申告の控えを持って行くと話が早いとのこと。
  • (役所)海外転出の届出 …国民保険料、市民税の支払いを停止するため。ただし印鑑届けも削除されるはず。→印鑑届けも削除されるとの説明がありました。(担当者によってはこの説明は省略されるかも)
  • (役所)国民保険の停止 …海外転出の届出を行った場合、加入不可だったはず。
  • (役所)国民年金の停止 …任意継続可

ざっくり、これくらい。(あとは当然ながら滞在先の確保、行き先の空港から滞在先への移動方法の確認、現金を現地通貨に替える場所の確認など)

税務署では幸運にも待ち時間が短く、(準)確定申告書と青色申告の書類のチェックと修正(作り替え)をしてもらって、30分程度で済みました。

頑張れば1日で全部回って作業を終わらせることもできそうですね。

市税事務所と役所はこれから行くので、後で追記予定です。

市民税の支払いについて(2015/06/14追記)

市税事務所へ行ったところ、今年支払の分(2ヶ月後、8月通知分)の市民税支払い通知書(振込用紙)をいただきました。私の場合、現金を適当に持っていったのでその場で支払を済ませました。 尚、翌年分は1月1日時点で住所を海外に移している(海外転出届)ということなので支払の必要はない言われました。そういえば、そうでしたね。